クラジミアに感染には恐ろしい弊害が....すぐに検査を受けましょう!

クラジミア感染には恐ろしい弊害が....すぐに検査を受けましょう!

 

 

  

 

 

 

  ・20代前半女性の、”33.7%”、20代後半男性の、”22.2%” が感染

  ・クラジミアに感染していても、女性の約、”8割” 、男性の約、”5割” が無症状

  ・クラジミアに感染していると、男女関係なく、”不妊の原因” となり得ます

 

 

 

 

   クラジミアについては、このようなデータが上がっており、
   さらに、クラジミアに感染していると、”HIVへの感染率が、3〜5倍” に跳ね上がるといいます。

 

 

   また、クラミジアに感染している女性が出産した場合、
   ”生まれてくる赤ちゃんが産道で感染” し、結膜炎や肺炎の原因になることも。
   (出産した女性全体の内、3%がクラジミアに感染していたとの、データも上がっています)

 

 

   女性の約8割、男性の約5割が、感染していても自覚症状がなく、
   感染の可能性がある場合は、”妊娠前の女性に感染させる前に” 、
   さらには、”不妊になる前に(男性でも不妊になります)” 一度、検査をしておきましょう。

 

 

   ※ さらに、淋病患者の約3割は、クラジミアにも感染していると言われますので、
     どちらかの感染の疑いがある場合は、両方一緒に検査されることを、おすすめします。

 

 

 

 

クラジミア検査を確認しよう!

 

 

 

クラジミア感染経路

 

 

 

 

     

 

 

 

 

      ところで、クラジミアの感染経路はどうなっているのでしょうか??

 

 

 

      クラジミアへの感染において、一番初めに思い浮かぶのが、
      コンドームを付けないセックスだと思いますが、
      実は、このクラジミア、”喉へも感染” することをご存知でしょうか?

 

      飲料のの飲み回しや、フレンチなキスでは感染しない様ですが、
      ディープキスとなってしまえば、クラジミアに感染する可能性は高くなります。

 

      ということで、もちろんオーラルセックスでも、クラジミアには感染し、
      感染者の内、”20%以上” がオーラスセックスのみでの感染とも、言われております。
      (”女性 ⇔ 男性” どちらも感染します)

 

 

 

      ある病院の話によれば、男性の患者の半分以上が、
      風俗店からの感染だったということです。

 

      ここで、注目していただきたいのが、”クラジミアの感染力” です。

 

      コンドームを付けないセックスの場合、クラジミアに感染する確率は、
      ”たった一回で、50%以上” と、非常に高い感染力を秘めています。

 

      その上、感染していても自覚症状のない場合が、女性:約8割、男性:約5割と、
      こちらも非常に高い数字となっており、「自分は大丈夫!」 ではなく、
      感染の恐れがある場合は、すぐに検査されることをおすすめします。
      (不妊になってしまってからでは、遅いですから...)

 

 

 

      感染の恐れがある場合は、すぐに検査されることをおすすめします。
      (ちなみに、クラジミアではなく、”クラミジア” が、正しい名称です..)

 

 

 

 

クラジミア検査を確認しよう!

 

 

 

クラジミアの治療

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

      クラジミアの検査を行い、陽性だった場合、治療方法は主に、
      抗生物質を服用するだけで済みますがが、症状の酷い場合、点滴を行うこともあります。

 

      治療に要する期間は、一般的に1日〜7日間程度が目安となっており、
      治療機関終了後、再検査を行い、陰性になっていれば、完治であります。
      (完治した後、1ヶ月程度で再度検査を受けるのことが、望ましいです)

 

 

 

      ただ、クラジミアは一度完治したとしても、”再感染する性感染症” です。

 

 

 

      再感染の場合、以前に感染した薬に対し、耐性を持っている可能性が高く、
      再感染の場合の治療は、初回よりも困難なことが予想されますので、
      一度感染して完治した後は、以前に増して敏感に予防することが必要となってきます。
      (どの薬に耐性があるか、調べる必要があります)

 

 

 

 

 

    注意点!

 

      治療を開始し薬を服用すると、一旦、症状は治まりますが、薬は服用し続けてください。

 

      菌自体が減少し、症状は治まっていますが、完全に死滅する前に薬の服用を止めてしますと、
      体内に残っている菌は再活性し、”薬に耐性をもつ” ことが予想されます。

 

      クラジミアの治療(他の性感染症も同様)は、必ず医師の指導に従いましょう!

 

 

 

 

 

クラジミア検査

 

 

 

 

   

 

 

 

 

    一般的に感染後、1週間〜3週間が、クラジミアの潜伏期間と言われています。
    この潜伏期間中に検査をしても、結果は出ませんので、疑わしい行為があってからは、
    最低でも、3週間程度の期間を空けて検査する必要があります。
    (ただし、”潜伏期間中でも感染させる” ので、頭に入れておきましょう!)

 

 

 

    性感染症に感染した場合、以前は、病院等で検査をするのが一般的でしたが、
    現在は、”匿名の検査キット” で検査することが可能です。匿名の検査キットとは...

 

    検査キットは、クラジミアだけでなく、HIVや淋病、カンジタなどの性感染症も、
    まとめて検査できるものが主体なっており、1キット、約4500円程度からの販売です。
    (全部で27種類の検査キットがあり、もちろん、購入金額に検査代金も含まれています)

 

 

 

    検査キットはインターネットで注文していただき、分かりにくい包装で届けられますが、
    自宅はちょっと...という方は、”郵便局留” にての届けも可能です。

 

    採取後は、匿名(任意のIDのみ)で返送し、結果はHPで確認しますので、
    誰にもバレずに検査を受けることができます。(販売会社職員も、誰のものか分かりません)

 

    同居しているご家族にバレたくない方、忙しくて病院に行く暇のない方、
    こういった方には、最適の検査方法ではないでしょうか!?

 

 

 

    クラジミアは20代の内、3割程度が感染しており、さらに、半分以上が自覚症状がありません。
    男女共に、不妊。新生児への感染。HIVへの感染率の増加も考えられますので、
    少しでも感染の可能性がある場合は、必ず一度、検査しておきましょう。
    (クラジミアは、たった一度のセックスで、50%以上が感染してしまう性感染症です)

 

 

 

 

    

 

   こちらから、クラジミアを含む性感染症の検査キット一覧が、ご覧いただけます!