クラジミアに感染には恐ろしい弊害が....すぐに検査を受けましょう!

クラジミア検査について!

 

 

 

   

 

 

 

 

     クラジミア検査の方法は、感染箇所によって異なります。

 

 

 

     ・性器:尿検査
     ・喉:咽頭をぬぐう

 

 

 

     上記のように、現在のクラジミア検査では、血液検査行われません。

 

 

     稀にですが、血液検査が行われる場合として、
     卵管炎(女性)などの症状が見られた場合、腹腔内の細胞の採取が難しく、
     例外的に、血液検査による抗体検査が行われます。
     (ただし、あくまでかなり悪化している場合の、例外的なケース)

 

 

     以上が、「どうやって行うか?」 についての、クラジミア検査でしたが、
     以下、「どこで行うか?」 についての、クラジミア検査をみていきましょう!

 

 

 

 

 

 

クラジミア検査(場所)

 

 

 

 

     普通、クラジミアの検査をする場所と言えば、病院が頭に浮かぶでしょうが、
     現在は、インターネットで検査キットが購入可能でして、
     ”自宅で検査することが可能” となっています。

 

 

     忙しくて病院に行っている時間がない、病院へ行く時に人に見られたくない...

 

 

     など、様々な理由もあり、「病院に行くのは...」 と、思いがちですが、
     インターネットで購入できる検査キットは、”喉をぬぐう、尿を取る” と、
     たったこれだけですので、「手軽に、気軽に」 検査は終了します。

 

 

     あとは、匿名で郵送し、インターネットで検査結果も確認できます。
     検査キットなら、とにかく簡単に検査することができます。

 

 

     注文の際には、検査キットの郵送が必要で、あなたのお名前は必要ですが、
     採取した検査物は、”匿名”(任意のIDのみ記載) で返送し、検査結果の確認は、
     IDにてインターネット上で確認でき、検査職員でさえあなたが誰だか分かりません。
     (分りにくい包装でのお届けで、郵便局留めも可能)

 

 

     返送された検査物は、”国の認可を受けた登録衛生検査所” で検査され、
     ここは、保健所や病院の検査も行いますので、信頼の置ける検査結果が得られます。

 

 

 

 

 

 

 

クラジミア検査方法(キット)

 

 

 

 

     ここで、検査キットの詳細も、ご紹介しておきましょう!

 

 

     検査キットは、全部で27種類です。クラジミアのみ、HIVのみもキットもありますが、
     一般的なSTD(性病)をまとめて検査するキットもあります。

 

 

     STD1種類のみの検査キットですと、4500円程度になりますが、
     ”クラジミア・淋病・HIV・梅毒・B型肝炎” がセットになった、
     検査キットが9870円で、男性の1番人気となっております。
     (女性の1番人気、”クラジミア・淋病・トリコモナス・カンジタ” の、6930円)

 

 

     病院での検査なら、初診料も必要ですので、7〜8千円(保険適用外の場合)掛かりますし、
     わざわざ予定を組み、往復の時間を費やし、交通費も掛かってきますが、
     検査キットなら、ネットで購入し、ポストに投函するだけと、経済的かつ時短です!
     (病院検査での保険適用の有無は、各病院次第となります)

 

 

     それでは最後に、オールインワンの検査キットをご紹介しておきましょう。

 

 

 

 

 

    男性

 

     クラジミア、淋病、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、HIV、梅毒、
     B型肝炎、C型肝炎、(喉クラジミア、喉淋病)...21000円

 

 

    女性

 

     クラジミア、淋病、カンジタ、トリコモナス、ヒトパピローマウィルス、
     HIV、梅毒、一般細菌、B型肝炎、C型肝炎、(喉クラジミア、喉淋病)...20790円

 

 

 

 

 

 

   

 

   クラジミアの検査は、自宅で手軽に検査が可能な、STDチェッカーがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

検査キットが届くまで
トップページへ